境内の桜
◇文京つつじまつり◇
 4月6日(土)〜5月6日(月)

随身像と三十六歌仙絵の拝観(拝観券300円)
4月6日〜5月6日
毎日12時、2時の2回 各20分間

戦災で失われた幣殿の随身一対に代わるものとして、昭和30年代に当時、能彫刻の第一人者といわれた後藤良氏により小型の石膏原型像が作られましたが、本体は長い間造ることができませんでした。
ご遷座300年祭に向けて、鍛金作家宮田亮平氏(現文化庁長官)に依頼、この原型をもとに青銅板を打ち鍛えて作る鍛金による随身像一対が完成、幣殿奥左右に奉納されました。
 
随身像

この随身像と、大和絵の大家森村宜永画伯・書 小林規子氏奉納の三十六歌仙絵が特別 に拝観できます。
三十六歌仙絵



◇大祓・茅の輪くぐり◇
 6月30日(日)午後5時より社前庭上
 参列ご自由です

1月 初詣
成人の日
2月 節分祭
駒込乙女両稲荷初午祭
祈年祭
4月 中旬より つつじまつり(5月6日まで)
6月 30日 大祓・茅の輪くぐり
9月 中旬土日、例大祭神賑行事
21日 例祭
10月 下町まつり
11月 文化財ウィーク
七五三詣
23日 新嘗祭
12月 31日 大祓
厄除の粽

門口にまつる
家内安全のお守り
厄除の粽
(初穂料 500円)

古くから厄難消除、無病息災を祈って門口にかざられるもので、災事を免れるお守りとして信仰されています。
往古、御祭神須佐之男命が旅の途次難渋された時、とある貧しい家で受けたもてなしを嘉せられ、子々孫々守護を約束された故事によるもので、その目印としてかざるため、玄関入口上に下げて祈願するならわしであります。



根 津 神 社

〒113-0031東京都文京区根津1-28-9
tel 03-3822-0753
webmaste@nedujinja.or.jp

禁 無断転載
copyright (c)Nedujinja shrine

All rights reserved